<< Welcome back Samuel | main | RAIN (not the Korean Idol) >>
ネイティブ諸君


英語はいまや、イギリス語 アメリカ語ではありましぇん。

私は頑固です。
昨日と今日メルティングポットを訪れて下さったゲストの方々はお気づきかもしれませんが、うるさがられても スターターの方と ネイティブの方の間に入って 彼らの英語をいちいち 標準英語に置き換えてました。

英語は生き物です。どんどん変わります。
私達が教科書でならっているのは ど丁寧すぎるのかもしれません。
「その英語 ネイティブにはこう聞こえます」という本にもありますが
最近はThank you very much はめったに使わないし
How beautiful も おばちゃん表現です。

なんか 違和感あったんです。
ネイティブと話すのと 外国語として 英語を学習してきたフィンランド人 フランス人ドイツ人 アジアの人々と話すのと
なんか ちがう。
そうだ 外国語として英語を学んだ 彼らは相手を不快にさせる
ことなくコミにケーションをとる表現を使うのです。

そういえばネイティブが学んでいる日本語も美しい。
そのうえ 店の方針で うけをねらっての 「超」「まじ」「ださ」
も禁止してるし。

日本人は言葉を大切にする文化です。
そのうえ いくら世界が狭くなっても 突然 人前で ハグして
キスはしないのです。
日本人は欧米人になりたくて 英語を学んでいるのでは
ないんですよ。
あなた方の文化は文化として 参考にさせてもらうけど、
視線は アジア アフリカ イギリス以外のヨーロッパにも
向いていて 特に今は中国に注目しているんですよ。

だから あなた達は もっともっと 日本人を深く理解して日本人に
あった言葉を選んで インプットしていただきたい。

とくに スターターの方には 美しい英語で 世界に通用する言葉を
つかっていただきたいんです。発音がどうのこうのという前に きちんと伝えようとする言葉と態度に気持ちを込めることができるんです。
日本人はね。

私 古い?
中国人の劉先生と 思いがけず 話が合って 握手した。
| - | 14:08 | comments(0) | - | ↑TOP
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE