<< サルミャッキ | main | 毎月恒例のTalk Partyのお知らせ >>
Dear Toumas & Patric



土曜日のさよならPARTY ご出席の皆さんありがとうございました。

内輪のつもりがばたばたしてすみませんでした。
ビール差し入れのバウトレビューさん、トーマスの好きな歌を歌ってくださったエミリーさん、彼の料理の腕を発見し雑誌に載せてくださった健さん、スーツ姿ではなかった幸太君、30分でも・・とバイトのまえに寄ってくれたおじ様、突然現れたまさや君、終わりがけに様子を見に来てくださったBei Linさん、初めから最後まで取り仕切ってくれたなちこさん
皆さんに感謝です。

朝から雨で最後に出勤するトーマスになんと言って感謝を伝えようかと考えあぐねていたのですが開店からバタバタもんで、最後にマンゴープリンさんが来てくださるのをまってすぐに彼は明日の試験のために帰ってしまいました。

「キートス!ここにくるのが毎週たのしみでした。アリガトウ、モイモイ」とハグ禁止の当店でジェームスと私にハグして階段をおりていきました。
慌しさに目が点でした。

閉店後ジェームズと替わりばんこにトーマスのいすに座り、北欧なまりの彼の物まねをしたり思い出話をしました。

「カレ モウ アエナイノカナア・・」
「会えないよ。」
「アエルキガスル。」
「じゃぁ ジェームズは あえるよ。」

うっと泣けそうだったのでまたトーマスの物まねして、ケタケタ笑って涙が止まらないと、2人で笑いました。

茶目っ気たっぷりで、あれほど実直で誠実な男の子に出会わせてくれたこと神様に感謝します。

親子以上に年が下なんだけど、尊敬さえしていて、彼を育てた彼のご両親とフィンランドの風土に感謝します。

もし、また日本に戻ってくる事があり FACE BOOKではなく ブログが読めるほど君の日本語が上達していたら北欧なまりの日本語で
「モドッテキマーシタ」と言って階段登ってきて下さい。
 
スッカリ白髪のおばあちゃんになってジェームズが中年太りしていてもがっかりしないでいてくださいな。

でもやっぱり会えないんだ、あえないんだね。

別れる時泣ける人に人生で何人会えるんだろう。
家族以外で10人もいるかなぁ・・

あ、ついでですがパット君もアメリカに戻ります。
でも彼には全然会えない気がしないんです。
パット君のステージは日本や韓国ですから… 東洋言語の研究者ですから…


明日にでもKYな感じで「パットでぐぁーす」とあらわれても不思議じゃないしなんか心情的に近すぎて会えない気がしないんです。

一応パット君がこれ読んじゃった時のいいわけです。
もちろん君にも本当に感謝していますよ。
何気に 荷物とアニメ置きっ放しだし・・わたしにたこやき代貸したままだし・・
またすぐおいで。

本当に2人ともありがとう。

そしていつも2人を楽しませてくれて日本大好き男にしてくださったゲストの皆さん、替わってお礼を言わせてください。
感謝します。
 
アメリカには陽気なパットがいてフィンランドには変わり者の トーマスがいます。
彼らが日本の無事を祈ってくれるように、
私もどこかの国で災害や戦争が起こったときそれが彼らの町や国でない事を祈ります・・・・・・。 
| - | 13:26 | comments(0) | - | ↑TOP
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE